“童様”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちごさま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童様”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お若い××様が御巡幸の時、百代と二人ならんだ姿をお見詰めになって——たしかにお目にとまったのだが、まだお歯黒をおつけになって、お童様ちごさまだったから——なんて話もきくともなくきいた。