“童貞聖麻利耶様”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ビルゼンサンタマリヤさま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童貞聖麻利耶様”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
童貞聖麻利耶様ビルゼンサンタマリヤさま、私が天にも地にも、杖柱つえはしらと頼んで居りますのは、当年八歳の孫の茂作と、ここにつれて参りました姉のお栄ばかりでございます。お栄もまだ御覧の通り、婿むこをとるほどの年でもございません。
黒衣聖母 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)