私怨しゑん)” の例文
卑屬親の敵——例へば子の敵、弟の敵などを討つのは、武士としてはく耻ぢたもので、どの藩もそんなものには決して助力も、便宜も與へないばかりでなく、それは私怨として取扱はれ