“白秋:はくしゅう” の例文
“白秋:はくしゅう”を含む作品の著者(上位)作品数
太宰治1
林芙美子1
“白秋:はくしゅう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
当時作る所の『波』一篇は、白秋はくしゅう氏に激賞され、後選ばれて、アルス社『日本児童詩集』にのりました。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
日本の言葉の一つもない欧洲の空で、白秋はくしゅう氏の詩でも、犀星氏の詩でも春夫氏の詩でも声高くうたってみると、言葉の見事さに打たれます。
文学的自叙伝 (新字新仮名) / 林芙美子(著)