“甚謝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんしゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“甚謝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かかる原稿用紙様の手紙にて、礼を失し候段、甚謝じんしゃ仕候。敬具。十二月二十二日。太宰治様。わが名は、なでしことやら、夕顔とやら、あざみとやら。追伸ついしん、この手紙に、僕は、言い足りない、あるいは言い過ぎた、ことの自己嫌悪を感じ、『ダス・ゲマイネ』のうちの言葉、『しどろもどろの看板』を感じる。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)