“玉水”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまみづ66.7%
たまみず33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“玉水”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
楽屋口がくやぐち𢌞まはつて、玉水たまみづを呼んでくれつてひたまへ。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
玉水たまみづをりをりうつ、いとかすかに。
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
「驚いたかい。ははははは。」吉さんは何ともいえぬほど嬉しそうに笑って、「頼むぜ。長さん。こう見えたってはばかりながら役者だ。伊井いい一座の新俳優だ。明後日あさってからまた新富町しんとみちょうよ。出揃でそろったら見に来給え。いいかい。楽屋口がくやぐちへ廻って、玉水たまみずを呼んでくれっていいたまえ。」
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)