“燻豚”の読み方と例文
読み方割合
ハム100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
刻んだ豚脂の入つた鉢と燻豚とを引き寄せると、百姓が乾草を掻きよせる熊手とあまり大きさの違はないやうな肉叉をとりあげて、それでもつて一番重たさうな一とを突き刺した。