“混合酒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カクテル75.0%
ワレヌーハ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
テンポのおそい荘重なJAZZ——この滑稽な矛盾こそは現代の英吉利だ!——銅版画の古城からきこえてくるエイル・ブルウの舞踏ステップ、英文学の古本にこぼれた混合酒カクテルのにおい、牛肉と山高帽・牛肉と山高帽。
寝る前に自分でこしらえた一杯の混合酒カクテルに、わずかに懊悩をやりながら眠りを取っていたことであったが、おそらくこんなことを聞いたならば、マジャルドーなぞは舌打ちをして、さぞかし主人の情痴を無念がったであろうが
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
混合酒カクテルを作っているのを見ている。
泥濘 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
また其処では蜜飯クチャのほかに混合酒ワレヌーハや、洎天藍さふらんけた火酒ウォツカや、まだそのほかいろんな料理が出るに違ひなかつた。
チューブの眼にはもう、食卓のうへに出てゐる混合酒ワレヌーハの罎がまざまざと見えるやうだつた。