“柔櫓:じうろ” の例文
“柔櫓:じうろ”を含む作品の著者(上位)作品数
山路愛山1
“柔櫓:じうろ”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 政治4.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
前程に於て、渦流、暗礁、危岸、険崖なくんば可なり、柔櫓じうろ声中、夢を載せて、淀川を下る旅客を学ぶも差支なしといへども、若れ我文明の中にやまひを存し、光れる中に腐敗を蔵するを見ば