“柔情:じゅうじょう” の例文
“柔情:じゅうじょう”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“柔情:じゅうじょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
温はこの詩を受けて読む毎に、語中に閨人けいじん柔情じゅうじょうが漸く多く、道家の逸思がほとんど無いのを見て、いぶかしげに首を傾けた。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)