“月中”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げっちゅう33.3%
げつちゆう33.3%
つきうち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“月中”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
惜しい事に向うは月中げっちゅう嫦娥じょうがを驚ろかし、君は古沼ふるぬま怪狸かいりにおどろかされたので、きわどいところで滑稽こっけいと崇高の大差を来たした。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「この月中つきうちに、あのお雪様の妹分として、つとめをするように、きまってあるのでござんすから……わたしもその気になってしまいました」