“景廉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かげかど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“景廉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
などの兄弟や、同じように、配所に長年仕えてきた天野遠景、加藤次景廉かげかどなど、ほとんど洩れなく、新しい領地をうけ、或いは本領安堵、その他の恩賞にあずかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その一体の人数も、今はあらかた谷底で戦っている。頼朝のそばには、加藤次景廉かげかど、大見平太、佐々木高綱、堀藤次などのわずか五、六名の影が見えるに過ぎなかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)