“易介”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えきすけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“易介”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それにもかかわらず、不敵きわまりない偏執狂的マニアックな実行を宣言して、ダンネベルグ夫人と易介えきすけに続く、三回目の惨劇を予告しているのではないか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
私、告白いたしますわ。いかにも鐘鳴器カリリヨン室で気を失いました際には、鎧通しを握っておりました。また、易介えきすけさんが殺された前後にも、今日のクリヴォフ様の出来事当時にだって、奇妙なことに、私だけには不在証明アリバイと云うものが恵まれておりませんでした。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)