“日日夜夜”の読み方と例文
読み方割合
にちにちよよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お父さんお母さんをてて、わざわざこんな遠い土地にまで来て、日日夜夜苦しい行を積みながら、まだ悟ることが出来ないとは何といふ愚か者か、と自分を叱りののしつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)