“敲込”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たたきこ50.0%
たゝきこ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『こん畜生! やい殴殺してしまえ! してもるものか、便所にでも敲込め!』
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
畜生! やい毆殺してへ! してもるものか、便所にでも敲込め!』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)