“数行虞氏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すうこうぐし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“数行虞氏”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
燭台の蝋燭ろうそくは心が長く燃え出し、油煙が黒く上ッて、ともしびは暗し数行虞氏すうこうぐしなんだという風情だ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
あの燈火を掻き上げにゃならぬ、燈火ともしびは暗し数行虞氏すうこうぐしなんだ——
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)