“撫菜”の読み方と例文
読み方割合
なでな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その語原は撫菜の義で愛ずる意ではないかと大槻文彦先生は書いていられるが
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)