“撫恵”の読み方と例文
読み方割合
ぶけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるところその先祖の恩を忘れてあてがわれたる知行を自身の物と心得、百姓をげいささか撫恵の心なくややもすれば課役を申しつけなど致し候輩これみな心正しからず。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)