“撒賦”の読み方と例文
読み方割合
まきくば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただしこの争闘で児の体は不具もしくは流産となるが争闘の果ては人魂がも虎魂につ。またこの菌に托る虎魂はかつて死んだ虎の魂でなくてカリ神が新たに作り種くごとく撒賦ったものだ。