“撃踣”の読み方と例文
読み方割合
うちのめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
識れる者は恐くは、貫一も鰐淵も一つに足腰のかずなるまで撃踣されざりしを本意無く思へるなるべし。又或者は彼の即死せざりしをも物足らず覚ゆるなるべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)