“摩訶幻々般若”の読み方と例文
読み方割合
まかげんげんはんにゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
計らずかえって汝の敵の吹矢のお三の弟子となり、摩訶幻々般若の術を今日までに一切習得したれば、冠者への土産に伊那家に押し入り、よき人質を引っ捕らえて
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)