“摩訶伽葉”の読み方と例文
読み方割合
まかかしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笑う事を学ぶためには、まず増長慢を捨てねばならぬ。世尊御出世は我々衆生に、笑う事を教えに来られたのじゃ。大般涅槃御時にさえ、摩訶伽葉は笑ったではないか?
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)