“摂津守忠房”の読み方と例文
読み方割合
せっつのかみただふさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寛永十五年島原の切支丹宗徒の乱が平定したとき、祖父の摂津守忠房島原城主として四万石をみましたが、間もなく旅先で歿し、父の左近太夫高長そのを継ぎました。