“摂津守治定”の読み方と例文
読み方割合
せっつのかみはるさだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌年の三月、藩主摂津守治定の供をして、秋成又四郎はあしかけ五年ぶりに帰国した。三人の親友や、親類知人たちの歓迎のありさまは省略する。
百足ちがい (新字新仮名) / 山本周五郎(著)