“摂政太政”の読み方と例文
読み方割合
せっしょうだいじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
摂政太政大臣であり関白の重職にまでなった禅閤兼実住居だけあって、その豪壮な庭構えや室内の調度の贅沢さには眼も心も奪われるような心地がする。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)