“摂政宮”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せっしょうのみや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“摂政宮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ(児童)50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
市民たちも、摂政宮せっしょうのみや殿下が御安全でいらせられるということは早く一日中に拝聞して、まず御安神ごあんしん申し上げましたが、日光にっこう田母沢たのもざわの御用邸に御滞在中の 両陛下の御安否が分りません。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)