“摂家宮”の読み方と例文
読み方割合
せっけのみや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
摂家宮門跡方、その他使者楽人、三職人御礼。溜詰御譜代衆、お役人出仕。御対顔済み、下され物あり。御饗応前、お能見物の儀、御三家、両番頭の内。御返答につき、公家衆地下一統出仕。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)