“搖打”の読み方と例文
読み方割合
ゆりうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
扨而此の二日の大地震は前古未曾有にて、御同樣杖とも又柱ともに致居候水戸の藤田戸田之兩雄も搖打に被逢、黄泉の客と被成候始末、如何にも痛烈之至り
遺牘 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)