“損軒”の読み方と例文
読み方割合
そんけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元禄十一年(1698)に出版された貝原損軒(益軒)の『花譜』には「正保はじめてもろこしより長崎へきたる」と述べ
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)