“掩被”の読み方と例文
読み方割合
おっかぶさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青褪めた顔には額まで髪が掩被って眉毛は太く眼の光は異様に輝いていた。
北の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)