“控柱”の読み方と例文
読み方割合
ひかへばしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坂本は大川に面した北手の展望を害する梅の木をること、島町に面した南手の控柱と松の木とに丸太を結び附けて、武者走の板をわたすことを建議した。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)