“探険家”の読み方と例文
読み方割合
たんけんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地理学者や探険家ならばちょっと標本って行けそうなものではありましたがまだくあたらしく黄いろと赤のペンキさえられていかにも異様に思われ、その前には
雁の童子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)