“掌準器”の読み方と例文
読み方割合
ハンド・レベル100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この感想記の掌準器に為さうといふほどの大胆さなどはなく、むしろそんな文章を読むにつけ自分自身に痛さを覚えるばかりで、誰にしろ力一杯に書いてゐるものに対して
浪曼的月評 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)