“捏土”の読み方と例文
読み方割合
こねつち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
り餌をやると、自分たち同類の鳥が巣を作る、至極あつらえ向きの捏土だと思いこんで、ただ本能的にその上にる。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)