“捌口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はけくち66.7%
はけぐち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捌口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
潮を踏んだ飴屋は老功。赤い涎掛よだれかけを荷の正面へ出して、小児の捌口はけくちへ水を向ける。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「おまもりが割れたおかげで無事だった。衝突したなア先へ行くバスと円タクだが、思出してもぞっとするね。実は今日はといちへ行ったんだがね、妙な物を買った。昔の物はいいね。さし当り捌口はけくちはないんだが見るとつい道楽がしたくなる奴さ。」
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
地均じならしの時水が吹きやしてね、で、ああして捌口はけぐちを拵えといたといつかも旦那が言ってやしたよ。いつもあ水が一寸くらいで、ぐるりと蔵を廻って横町から下水へ落ちてまさあ。」
PR