“拾翠庵”の読み方と例文
読み方割合
しゅうすいあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『それもあろうが、近頃は、洛北の瑞光院の境内にある拾翠庵を借りうけて、歌俳諧の集まりのように見せかけ、時折、そこで評議をしているらしい』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)