“手代風”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てだいふう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手代風”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「商家の手代風てだいふうの者でございますが、この肩さきから斜めに——いやもう、ふた目と見られませぬむごい傷で……」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
林の蔭から姿を現わしたのは、お銀様と見られた人の姿ばかりではありません——そのあとに一頭の駄馬をいた馬子と、馬子に附添って、手代風てだいふうなのが一人、つまり、この二人一頭が、恐る恐るお銀様のあとを二丈ばかり間隔を置いてついて来る。
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)