“徳利:てうし” の例文
“徳利:てうし”を含む作品の著者(上位)作品数
木下尚江1
“徳利:てうし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どうしたんだねエ、此のは」と、お加女かめこらへず声荒ららぐるを、お熊はオホヽと徳利てうし取り上げ、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
酔顔斜めに梅子をうかがひ、徳利てうし取り上げて松島にがんとせしが「あら、冷えて仕舞しまつたんですよ」と、ニヤり松島と顔見合はせ、其儀そのまゝスイと立つて行きぬ、微動だもせで正座し居たる梅子
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)