“御役替”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやくがえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御役替”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから今朝になって広小路ひろこうじ芸者屋げいしゃやで女髪結かみゆいが三人まで御用になりました。何でもつい二、三日前御本丸で御役替おやくがえがありまして、大目付おおめつけ鳥居様とりいさまが町奉行におなり遊ばしてからにわかに手厳しい御詮議ごせんぎが始まったとやら。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)