“御内諾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごないだく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御内諾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「中国の事成る上は、御辺には、出雲の国を与えるであろうと、信長公にもその儀は御内諾ごないだくを得ていたが、今度、にわかに毛利と媾和こうわしたため、そこを与えるわけには行かなくなった。で、御辺へはべつに他の封土ふうどつかわそう。どこか望みの地もあらばいうがいい」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)