“延寿”の読み方と例文
読み方割合
えんじゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肥後には古くから肥後鍛冶が発達しており、当時、刀鍛冶の延寿国村の門輩がさかんに武器の需要におうじていたことはたしかであるから、菊池武重の実戦における経験から
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二人を救った若侍は小堀義哉というもので、五百石の旗本の次男、小さい時から芸事が好き、それで延寿の門に入り、五年経たぬ間に名取となり、今では立派な師匠株、従って父親とはソリが合わず
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
宿場の長者で大炊という者の娘は、延寿といって、さる年頃目をかけた女性で、自分とのあいだには、夜叉という女の子までした仲である。尋ねて行けば親どもも、すげなくは扱うまい。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)