“川柳子”の読み方と例文
読み方割合
せんりゅうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川柳子もこの説明に都合のいいように「古風なる男犢鼻褌腮でしめ」「元禄の生れ犢鼻褌腮でしめ」と二通りの句を残している。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
据風呂を嫁は上手ぐなり……川柳子、うまいことを言ったもので、からだをくの字に曲げた園絵が、スルリせり上がるように湯槽から抜け出て来て、ナニ
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「傾城に誠あるほど買ひもせず」と川柳子も已に名句を吐いている。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)