“小鞍:をぐら” の例文
“小鞍:をぐら”を含む作品の著者(上位)作品数
斎藤茂吉1
“小鞍:をぐら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なお小倉山であるが、「白雲の竜田の山の、滝の上の小鞍をぐらの峯」(巻九・一七四七)は、竜田川(大和川)の亀の瀬岩附近、竜田山の一部である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
PR