“実川”の読み方と例文
読み方割合
じつかは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今道頓堀の座でつてゐる『故郷飾錦伊達織』、伊達家奥御殿の場に鶴千代丸に扮してゐる実川延宝と、千松に扮してゐる中村芝芸雀といふ子役が二人ゐる。
座で「久米平内」劇を演じてゐる実川延若に、この頃一つの大望がある、それは中村吉蔵氏の脚本「小山田庄左衛門」を一度舞台にしてみたいといふ事だ。
それを見た悪戯者実川延若は、黙つてはゐなかつた。