“孕石”の読み方と例文
読み方割合
はらみいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佩ぶれば姙婦に宜しという石どもについては、余未刊の著『燕石考』に詳述したが、その一部分を「孕石の事」と題して出し置いた。
孕石殿、孕石殿! どうやら荒模様になった様子。今夜もさびしいことでござろう。物語り致そうではござらぬか」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
十郎郷右衞門の兩人に盜みさせしに相違まじすれば先づ三河町二丁目の惣右衞門が方を尋ねるべしと有て早速孕石源兵衞安井伊兵衞の兩人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)