“婆婆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しやば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“婆婆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もしか老侯が地獄で(井上侯が地獄に入つてないと誰が言ふ事が出来る)この事を聞いたなら、持前の疳癪玉を破裂させて、一度婆婆しやばへ帰るとでも言ひ出すかも知れないが、まあ安心するがい、地獄には乗りつけの乳母車は往つてゐない筈だから。