“奸黜”の読み方と例文
読み方割合
かんきつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は充分に見ましたが、古代奸黜なる僧侶がその岩に彫刻をして、そうしてよい加減な絵具を付けてこしらえたものであるということがよく分った。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)