“大評定”の読み方と例文
読み方割合
だいひょうじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先月の二十六日——あれは麦の片づく時分でしたが、とうとう福島のお役所からお役人に出張してもらいまして、その時も大評定
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
今一度は例の黒船騒ぎで、交易を許すか許さないかの大評定で、尾州の殿様(徳川慶勝)の御出府の時。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
全国の諸大名が江戸城に集まって、交易を許すか許すまいかの大評定も始まろうとしているという。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)