“大蕪菁”の読み方と例文
読み方割合
おおかぶら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大蕪菁馬簾を揉んで急襲し、左右から本庄越前守、山吉孫二郎、色部修理、安田治部などがきかかる形をとった。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
越軍は先鋒柿崎和泉守が大蕪菁の旗を先頭に一隊千五百人が猛進をはじめ、午前七時半頃水沢の西端に陣取っていた武田左馬之介典厩信繁の隊(七百)に向って突撃してきた。
川中島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
先ず『諸国咄』の序文に「世間の広き事国々を見めぐりてはなしの種をもとめぬ」とあって、湯泉に棲む魚や、大蕪菁、大竹、二百歳の比丘尼等、色々の珍しいものが挙げてある。
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)