“大宛”の読み方と例文
読み方割合
だいえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全軍の信頼をぐに足る将帥としては、わずかに先年大宛を遠征して武名をげた弐師将軍李広利があるにすぎない。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
大宛宛丘の良馬日に千里を行き、日中に至りて血を汗す〉とはいかがわしいが、チュクチー人など、シャーマーン(方士)となる修業至ってむつかしく、時として苦しみの余り
なつかしい微妙な駿馬いななく大宛のものである。
胆石 (新字新仮名) / 中勘助(著)